アジピン酸アプリケーション
May 17, 2016

アジピン酸は、特に産業用繊維の生産のための原料として重要な使用法による、脂肪族ジカルボン酸の最も商業的に重要な種類の一つです。シクロヘキサノール及びシクロヘキサノンと硝酸の混合物の酸化から生成されます。また、アジピン酸はブタジエン カルボニル化からも作成できます。自動車部品の製造のための化学的に弾力性のある、強くて耐久性のある繊維の大きな需要があった。複合材料の生産のための主要成分の一つだから、これはアジピン酸の強い需要を開始しています。アジピン酸の主要な消費は、6,6 の樹脂とエンジニア リング繊維ナイロンの生産のための原料としては。アジピン酸の非ナイロン アプリケーションには、ポリウレタン、可塑剤、食品添加物、医薬品の製造にその使用量が含まれます。

アジピン酸から自動車、電気・電子・消費財・家電業界の需要の増加は、アジピン酸市場のチーフ ドライバーの 1 つです。広範な研究と繊維生産技術の開発はまたアジピン酸市場に影響を及ぼす重要な要因の 1 つです。企業は、高品質、高温などの過酷な条件に耐えることができるし、同様に化学的に不活性、耐久性、軽量と高吸収容量繊維の開発に注力しています。アジピン酸の市場は、最近 10 年間で大幅な成長を目撃しているし、予測の期間継続する傾向が予想されます。しかし、さまざまな地域で厳しい環境規制の存在とハイブリッド繊維の台頭は、アジピン酸市場を抑制する予定です。

prod-adipic-vert
ホーム

カーペット

Furntinure

香料

事務所

商業カーペット

家具

自動車

シート クッション

車両のカーペット

軽量自動車部品

レクリエーション

履物

アパレル

アウトドア用品


Edotor: アレックス

上: 2016 年 5 月 17 日